曽我別所梅まつり観光協会公式ホームページ トップ > イベント

イベントスケジュール

最新の情報をお確かめの上お越しください 随時Twitterでお知らせいたします。

内容 開催場所 時間 備考
 2月
3日(土) 小田原梅まつり開園式 梅の里センター 10:00  
4日(日) 俳句大会 梅の里センター 10:00  
10日(土) みかん皮飛ばし大会

別所会場

11:00頃 天候不良の場合は12日13:00頃に延期
地元子供達による祭りばやし 13:00頃 天候不良の場合は中止
小田原ちょうちん踊り 14:00頃
琴と尺八の合奏 中河原会場
(瑞雲寺本堂)
13:30頃  
ういろう売りの口上 14:00頃
11日(祝) 流鏑馬 原会場 13:00

天候不良の場合は18日に延期
12日
振替休日
子ども達の民舞と太鼓 別所会場 10:30頃 天候不良の場合は中止
大正琴 11:10頃
寿獅子舞 13:30頃
梅の中コンサート(歌、ピアノ) 中河原会場
(瑞雲寺本堂)
13:00頃  
17日(土) 梅の種とばし大会 中河原会場
(瑞雲寺境内)
12:00頃 天候不良の場合は
25日(日)に延期
地元子供達による祭りばやし 別所会場 13:00頃
15:00頃
天候不良の場合は中止
書道パフォーマンス 14:00~
15:00頃
しもそが五郎十郎 市
(下曽我商工振興会)
梅の里センター
駐車場
10:00~
16:00
 
18日(日) 小田原ちょうちん踊り 別所会場 11:00頃 天候不良の場合は中止
寿獅子舞 13:30頃
しもそが五郎十郎 市
(下曽我商工振興会)
梅の里センター
駐車場
10:00~
16:00
 
25日(日) 寿獅子舞  別所会場 13:30頃 天候不良の場合は中止

『写真コンテスト作品展示』 2月3日(土)~3月4日(日)
・・・・・・・・・・ 別所梅林特設会場 2017年の応募作を展示と各賞の発表


『絵画コンクール』 2月3日(土)~2月26日(月)
・・・・・・・・・・ 各会場(小学生・中学生対象)


『小田原梅品評会(梅干しの部) 』 期間中 09:00~17:00
・・・・・・・・・・ 下曽我駅前 梅の里センター


協賛事業『積善会看護学校による健康相談』 2月19日(月)20日(火)
・・・・・・・・・・ 10:00~15時30分  梅の里センター


『梅園と史跡めぐり』 期間中(2/3~3/4)毎土曜日・日曜日・祭日
・・・・・・・・・・ JR東海下曽我駅前 09:00~10:40分に随時出発 (NP0法人小田原ガイド協会)


『立春青空句会』2月3日(土)10:00~11:00 小田原城本丸広場 地図
・・・・・・・・・・(どなたでも自由に参加できます)


『絵画コンクール』 2月3日(土)~2月26日(月)
・・・・・・・・・・ 小田原城址公園(小学生・中学生対象)地図


『俳句大会 』11日(日)10:00~16:00 小田原UMECO会議室 地図
・・・・・・・・・・(どなたでも自由に参加できます。会費1,000円)


『菓子まつり』 2月24(土)・25日(日) 
・・・・・・・・・・ 小田原地下街 ハルネ小田原 10:00~16:30 地図


協力事業『第15回 小田原城馬上弓くらべ大会』3月4日(日)10:00~15:00
・・・・・・・・・・ 小田原城址公園内二の丸広場 地図


『第20回 まつだ桜まつり(松田町)』2月10日(土)~3月11日(日)
・・・・・・・・・・ 松田山 西平畑公園 地図


↑ このページのトップへ


 

特設舞台・獅子舞の様子
獅子舞獅子舞
獅子舞獅子舞
獅子舞獅子舞


高校生による書道パフォーマンス
書道パフォーマンス


大正琴
大正琴コンサート


地元子供達の祭り囃子
祭り囃子祭り囃子


小田原ちょうちん踊り(郷土芸能)
小田原ちょうちん踊り小田原ちょうちん踊り


第31回 流鏑馬~やぶさめ~(武田流)行事日程表
流鏑馬

• 日時  平成30年(2018年)2月11日(日・祝)天候不良の場合は18日(日)
 午後13時00分~14時30分(12時15分~小田原北條太鼓の演奏)

• 会場  原梅林 下曽我駅から歩いて10分、別所梅林からも歩いて数分です
  地図はこちら(別ウィンドウで開きます)

【曽我の里と流鏑馬】
 ここ曽我の里地域は鎌倉時代幕府の御家人として曽我太郎祐信一族が居を構えていました。この祐信に嫁いできたのが曽我物語で有名な『五郎・十郎』の母満江御前です。ここ曽我の里には多くの曽我物語に関する遺跡が点在しています。『吾妻鏡』によると兄弟の義父、祐信は弓馬の名人で“富士の巻狩り”の際、その高い功績から、源頼朝より褒賞を受けています。
           
【流鏑馬の由来】
 弓馬の術のうち、流鏑馬・犬追物・笠懸を〈騎射の三物〉といい、流鏑馬は弓馬の練習競技とは違い『天下泰平・五穀豊穣』を祈願する神事として伝承されて古くは『矢馳馬』といわれていました。欽明天皇(509-571)の御世、国内外で紛争がおきたので、乱世を憂い神功皇后・応神天皇を現在の宇佐八幡宮(大分県)におまつりし、天下泰平を祈願されたときに馬上から三つの的を射させたのが始まりとされています。


子ども達の民舞と太鼓


琴と尺八の合奏
琴と尺八の合奏琴と尺八の合奏


地域の小学生、『梅の里ジュニアコーラス』の皆さんです。
梅の里ジュニアコーラス梅の里ジュニアコーラス


写真コンテスト 入賞作品の展示の様子 コンテストの応募はこちら
写真コンテスト写真コンテスト


ミカンの皮とばし大会とは?

先ずはミカンを食べ
先ずみかんの皮をむいて、食べて。
えいっ!遠くへ飛んでいけ~~と投げます。

おめでとうございます
入賞おめでとうございます☆

梅の里センターってどこ?
下曽我駅前、バス乗り場の右手にあります。
→ センターの詳細は小田原市のホームページでご覧になれます。

梅の里センター梅の里センター



PAGE TOP